カリキュラム

ホーム > カリキュラム > 行動力

英語力

グローバル人材として活躍するための「行動力」

Swirlでの生活で身に付けることのできる自分の「軸」としての「語学力、思考力、アイデンティティ」を活かし、疑問に思ったことを解決したり、自分の思ったことを形にしたりする力が「行動力」です。いくら英語が話せ、深く考えることができ、日本人として優れた人間であったとしても、自分から進んで動いていくことができなければ、その力を発揮できる機会は限られてしまいます。自分を出していくことが求められるグローバル社会の中で活躍する、Swirlのうずまきの原動力となる力が「行動力」です。

行動力

Swirlが実施する行動力教育

自分で考え、思いを伝える機会の創出

・発表や相互会話の機会を多く設ける中から、自分の意見を持つことの大切さと、それを伝える力を育んでいきます。

子ども中心での日常活動

・保育者が表に出るのではなく、子どもたちが中心となり毎日の生活の中で問題を協力して解決していくことで、主体的かつ協調して行動する力を育んでいきます。

異文化体験の重視

・異文化、異年齢の人々との交流の機会を多く設け、幅広い視野の中で行動をすることの大切さを育んでいきます。

PAGE TOP